自己破産

自己破産のデメリット・メリットとは?わりとデメリットは少ないよ

自己破産のデメリット・メリット

自己破産のデメリットやメリットってなんだろう?

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • 自己破産に関するよくある誤解
  • 自己破産の本当のデメリット6
  • 自己破産のメリット2
  • 自己破産する上で注意事項

こんにちは!任意整理から自己破産まで経験したてっしーです!

自己破産と聞くと「人生が終わること」を思い浮かべたり、誤解する人も多いのが事実です。

 

しかしながら、自己破産の正しい知識を得れば「意外とデメリットも少ない」ということが分かりますよ。

そこで今回、自己破産のデメリットやメリットについてまとめてみました。

 

本記事を読めば自己破産はどういったものか、自分は使うべきものなのか、すべて把握することができますよ。

 

\ 無料で借金がいくら減らせるか診断 /

借金減額診断 スタート

【たった60秒】4つの項目に答えるだけ

自己破産に関するよくある誤解

自己破産をすると、あらゆることが制限されてしまうこれは大きな誤解です。

よくあげられる自己破産の誤解は以下の通り。

自己破産の間違った情報

  • 選挙権がなくなる
  • すべての資産がなくなる
  • 周囲にバレて人生が終わる
  • 戸籍に自己破産した歴が残る
  • 自己破産すると結婚できない
  • 自己破産すると就職がしにくくなる
  • 自己破産をすると会社をクビになる
  • 一生ローンや大きな買い物ができない

これらは事実ではありません。

自己破産をしても「人生が終わる」ことはありません。

 

むしろ借金をなくして再スタートを切れる措置なので、安心してください。

自己破産をする本当のデメリットは、次で解説します。

 

自己破産の本当のデメリット

自己破産する本当のデメリットは、以下の6つです。

自己破産のデメリット

  • 官報に載ってしまう
  • とにかく費用がかかる
  • 資産が一部、没収される
  • 一定期間、就けない職業がある
  • 家族や会社にバレる可能性が高い
  • ブラックリストに載って数年は借入できない

それぞれ順番に解説していきますね。

 

官報に載ってしまう

自己破産をすると、国が発行している官報に掲載されます。

官報に載ることはありますが、ぶっちゃけ官報は一般の人が見ることはまずありません。

僕も自己破産して官報って言葉を知ったぐらいです

政治通じゃないと、わざわざ官報は買いません。

そのため官報に載るからといって、周囲バレるリスクはほとんどないですよ。

 

とにかく費用がかかる

自己破産には、どうしてもお金がかかってしまいます。

借金が返せないぐらいお金に困窮している人には、デメリットですよね。

  • 弁護士費用:20
  • 裁判所費用:3万〜25

弁護士や地方によって費用は異なります。

ただ少なくとも25円は、自己破産の費用を用意しないといけません。

 

自己破産の費用が払えないため、任意整理する人もいるぐらいです。

ただし任意整自己破産に変更はできるため、まずは任意整理からもアリですよ。

>>任意整理、自己破産の体験談

 

資産が一部、没収される

自己破産をした人は、一部の財産しか残すことができません。

いわゆる車や、家など大きな財産は失ってしまいます。

 

自己破産をして没収されるものは、以下の通りです。

  • 家、不動産、車など
  • 20万円を超える資産(モノや銀行預金も含める)
  • 99万円以上を超える現金

逆にいえば、20万円以下の資産で、尚且つ99万円以下の現金なら所有は可能。

アパートに暮らしてもOKですし、資産がなければ没収されることもありません。

 

20万円以上の資産が没収されるのは、債権者に返金するためです。

自己破産は「最低限の金額」を残して、持っている資産は没収されるシステムになります。

 

一定期間、就けない職業がある

自己破産の「手続き中」は、以下の職業には就けません。

証券会社外務員、旅行業者、宅地建物取引業者、建設業者、不動産鑑定士、土地家屋調査士、生命保険募集人、商品取引所会員、有価証券投資顧問業者、警備業者、風俗営業、質屋、弁護士、司法書士、弁理士、公証人、公認会計士、税理士など



自己破産の手続き中だけですので、手続きが終わったら問題はありません。

とくに仕業など登録が必要な職種が多いです。

 

自己破産をすると登録解除されますが、再度申請すれば登録はできますよ。

自己破産の手続き中だけですので、上記の職業についている人は一旦退職しないといけませんね。

 

家族や会社にバレる可能性が高い

自己破産は基本的に、家族や会社にバレる可能性が高いです。

なぜなら自己破産を申請する際に、家族や会社の情報を入手しないといけないから

  • 家族の収入証明(直近給与3ヶ月分)
  • 裁判所から送られてくる通知書など

家族が同居してる環境だと、100%バレます。

 

裁判所から通知書を見つかったら、言い訳も通りません。

もし家族にバレたくないなら「自己破産が家族にバレない方法」について読んでみてください。

 

ブラックリストに載って数年は借入できない

自己破産するといわゆる「ブラックリスト」に掲載されます。

ブラックリストに掲載されると、クレジットカードを作れなかったり、ローンを組めなくなりますね。

 

とはいえ、自己破産をして「すぐに借金をしないため」でもあります。

お互いにとってもメリットです

ブラックリスト5年ほどは、載り続けるといわれています。

業者によって違うので、5年と言い切れません。

 

ただしブラックリストから載らなくなれば、クレジットカードもローンも組むことは可能です。

一生ローンを組めないのは違いますね

以上が自己破産のデメリット6つです。

自己破産のデメリットは、ブラックリストに載ることで、カードが使えなくなることが最大のデメリットぐらいですね。

 

自己破産のメリット

一方で、自己破産をするメリットは2つあります。

自己破産のメリット

  • 借金がなくなる
  • 差し押さえや強制執行がなくなる

それぞれ解説していきますね。

 

借金がなくなる

自己破産をすると、借金が「0円」になります。

ちなみに借金の額は1000万円であろうと、借金はなくなりますね。

 

自己破産は唯一、借金がなくなる処置です。

  • 返済がキツい
  • 借金でいつも頭が痛い
  • 借金で毎日生きてる気がしない

上記のように借金で抱える悩みからは、すべて解放されます。

デメリットもありますが、借金がなくなるメリットは大きいですよね。

 

差し押さえや強制執行がなくなる

借金をして、差し押さえにあってる人もいるでしょう。

例えば車や家など、差し押さえられるケースも多々あります。

 

けれど自己破産を申請すれば、業者からの取り立ては「不可能」です。

申請したら取り立てはできないルールです

強制執行から逃れられるため、日々の不安は減ります。

 

ただし自己破産をすると、資産を持つことがほぼできません。

どっちにせよ、車や家も手放さないといけないです。

 

もし資産を持っていて、残したいなら個人再生になります。

個人再生は借金100万円が残るものの、資産は残すことができますよ。

>>個人再生のメリット・デメリットとは?

 

自己破産でのよくある疑問

自己破産に関して、気になる疑問をまとめてみました。

追加で気になることがあれば、コメントをいただければ対応します。

 

いつから借金が止まるのか?

・弁護士に自己破産の依頼をかけたときからです。

 

免責不可のケースはあるのか?

基本的にはほぼ免責されますが、なかには免責不可のケースもあるようです。

裁判を受けなかったり、過去7年以内に自己破産をしていたり、あとは財産隠しを行った場合になります。

 

ただし基本的には反省して、借金が返せないことを伝えれば、どんな理由であれ免責になる可能性は高いです。

 

自己破産の手続き中、追加で借入したら?

追加で借入をした場合、自己破産の対象とはなりません。

自己破産を申請したときに、依頼した債権社しか対象にはなりません。

 

自己破産の費用が払えないときは?

自己破産の費用ができないと、申請はできません。

ただし分割での支払いは可能です。

 

自己破産は弁護士費用で20万円、裁判費用は3万〜25万円となります。

裁判費用は「同時廃止」か「管財事件」かによって、費用が大きく変わってきますね。

 

くわしくは「自己破産、同時廃止・管財事件とは?」で解説しています。

 

自分で自己破産の必要書類を用意することはできるの?

不可能ではないですがただ正直、弁護士に揃えてもらうのが1番です。

弁護士が知識はありますし、自己破産の裁判でもスムーズに行えます。

 

自己破産での注意事項

自己破産をする上で、いくつか留意しておく点があります。

自己破産で注意しておきたいこと

  • 個人間の借金はなくならない
  • 税金の支払いは必要になってくる

順に解説していきますね。

 

個人間の借金はなくならない

自己破産をしても、個人で借りてる借金はなくなりません。

いわゆる友達とか知人とか、親戚ですね。

 

裁判所にかけて借金がなくなるのは、カード会社や銀行になります。

個人は法的にも介入が難しいので、自己破産ではなくなりません。

つまり個人ばかりに借金をしてる人はヤバイです

個人で借りてる人は、借金を返さなかったり、踏み倒すケースが多いですね。

 

税金の支払いは必要になってくる

支払いができないからといって、税金からは逃れることはできません。

自己破産をしようが、国民の義務として税金は納税する必要があります。

  • 所得税
  • 住民税
  • 健康保険
  • 国民年金
  • 介護保険料(40歳以上)

これらは必ず支払わないといけません。

 

仮に無職で所得税と住民税がなくとも、健康保険と年金で月3万円ほどはいりますね。

自己破産でお金は持っていませんが、税金は払わないといけないのです。

 

\ 無料で借金がいくら減らせるか診断 /

借金減額診断 スタート

【たった60秒】4つの項目に答えるだけ

まとめ:自己破産は再スタートを切れる唯一の処置

自己破産は悪いイメージばかりで、ほとんどが誤解だったり、間違った情報が多いです。

実際は借金がある人が「再スタート」を切れる、救済措置なのですよ。

 

自己破産はたしかにデメリットもありますが、それ以上に借金がなくなるメリットは大きいです。

改めて自己破産のデメリット・メリットについてお伝えします。

自己破産のデメリット

  • 官報に載ってしまう
  • とにかく費用がかかる
  • 資産が一部、没収される
  • 一定期間、就けない職業がある
  • 家族や会社にバレる可能性が高い
  • ブラックリストに載って数年は借入できない

自己破産のメリット

  • 借金がなくなる
  • 差し押さえや強制執行がなくなる

自己破産によって、家族にバレたりするのが嫌なら任意整理をしましょう。

以下に任意整理のメリット・デメリットを載せておくので、ぜひ参考にしてください。

任意整理を進める弁護士
任意整理のメリット・デメリットとは?リアルな実体験から、すべて暴露

続きを見る

僕が借金の相談したのは「ひばり法律事務所」

名村法律事務所
項目 かかる費用
相談料  0円
任意整理 2万円/1社
個人再生 30万円
自己破産 20万円

ひばり法律事務所は任意整理、個人再生、自己破産と借金に関する問題にとくに強い事務所です。
かかる費用は業界では安いうえに、対応が丁寧だったので、僕は大満足でした!

借金の問題で悩んでいる人は、まず無料相談をしてみてください。
もう借金で苦しむ毎日は、今日で終わりにしませんか?

【診断は無料です】借金減額診断を受けてみましょう!

項目 かかる費用
着手金 0円~
報酬金額 1万円~
過払い金報酬 20%

だし完済しているか、返済中なのかで費用が若干変わります。

借金がヤバい…
支払いが厳しい…
リボ地獄でなかなか金利が減らない…

こんな人はぜひ借金減額診断を受けてみましょう!
国の制度を利用して、もしかするとあなたの借金を減らせるかもしれませんよ。

-自己破産
-

© 2020 借金・任意整理・自己破産体験談ブログ Powered by AFFINGER5