借金

個人再生のメリット・デメリットとは?誰にでもわかりやすく解説

個人再生のメリット、デメリット
個人再生のメリット・デメリットってなに?

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • 個人再生のメリット・デメリット
  • 個人再生に関するよくある疑問
こんにちは!

借金200万円をして、任意整理と自己破産を経験したてっしーです。

僕も個人再生にしようか迷った経験があるので、個人再生がどういったものか詳しく解説できます。

 

個人再生を考えている…
でもまだまだ気になることが多いなぁ…。

こんな人には、ぜひ最後まで読んでくださいね。

僕が借金を相談したのはひばり法律事務所」でした
名村法律事務所
»ひばり法律事務所に相談みてみる
業界でも最安値・全国対応
女性にも安心の専用の窓口あり
・家族にバレないよう配慮してくれる

 

個人再生のデメリット5つ

女性と天秤

個人再生は債務整理の1つですが、デメリットもちゃんとあります。

個人再生のデメリット

  • 返済を継続しないといけない
  • ブラックリストに載ってしまう
  • 住所氏名が「官報」に掲載される
  • 手続きが複雑で費用と時間がかかる
  • 返済を継続できる収入がないと手続きが不可能

それぞれ解説していきます。

 

返済を継続しないといけない

個人再生をしても、借金は残りますね。

借金がチャラになる自己破産とは違い、個人再生は最低弁済学というのが発生します

 

最低弁済額とは借金の総額に対して、最低限返済しなければいけない金額のこと。

借金が減ることはありますが、全額とはいきませんね。

だからこそ安定的に、借金返済を求められます。

個人再生をしたのに「やっぱり返済はできません…」では、みんな困りますからね。

ブラックリストに載ってしまう

個人再生をすると、信用情報に登録されて、ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ってしまうと、5年〜10年は借入をすることが不可能です。

 

5年〜10年と曖昧なのは、業者によって対応がまちまちだから。

中には4年で、ローン審査が通ったという話も聞きます。

一度ブラックリストに入ると、大きな買い物ができなくなります。

すべて手持ちで対応しないといけないため、大変な場面も出てきますね。

住所氏名が「官報」に掲載される

官報というのは、国が発行している情報誌のこと。

個人再生や自己破産をしても、官報に載ります。

 

ただし官報は一般の人では、ほぼ見ることはありません。

もちろん就職・転職でもほぼ影響はないので安心してください。

  • 銀行関係
  • 保険関係
  • 市役所関係

これらは見る可能性がありますが、あくまで一部です。

一般の家庭で官報を買ってる人は見たことないので、まずバレませんよ

手続きが複雑で費用と時間がかかる

項目期間金額
任意整理1ヶ月(1社)2万〜4万
自己破産3ヶ月〜6ヶ月20万〜40万
個人再生5ヶ月〜12ヶ月50万〜100万

個人再生は、債務整理のなかでは時間もお金もかかります。

任意整理はそもそも裁判所を通さないので、ほぼ時間はかかりません。

 

自己破産もケースバイケースですが、個人再生よりも時間はかからないのです。

でも個人再生は、手続きが煩雑になるため、お金+時間がかかります。

じゃあ、どうして個人再生は時間とお金がかかるの?

時間とお金がかかる要因は、裁判所の手続きや、どの会社にいくら返済するのかの調整で時間がかかるのです。

 

個人再生は借金を返済していくので、安定して返済ができるのか裁判所から調査が入ります

  • ヒヤリング
  • 仕事の状況
  • 家計簿・月の収支

など数回にわたってヒヤリングもあるので、時間とお金がかかるのです。

だから個人再生は時間もかかるし、お金もかかってしまうのですよね。

返済を継続できる収入がないと手続きが不可能

あとは個人再生は、安定した収入源が必要です

こちらはアルバイトや派遣でも可能なケースはありますが、生活保護は不可能になります。

 

個人再生は、そもそも借金を返済する前提の手続き。

だからこそ、毎月借金が返済できる収入がない人は申請ができません。

無職だと任意整理か、自己破産になりますね。
無職だとその2つはできるんだ…
はい、無職であっても任意整理や自己破産は可能です。

個人再生のデメリットを5つ挙げましたが、もちろんメリットだってあります。

個人再生のメリット3つ

岩を飛び移る

個人再生をすることのメリットは、3つあります。

個人再生のメリット

  • 住宅や車を残せる可能性が高い
  • 資格や職業の制限がまったくない
  • 借金の元本を最大で1/10まで減らせる

順番に解説していきますね。

住宅や車を残せる可能性が高い

財産を残せるのは、個人再生の最大のメリットともいえます。

せっかく購入した家を手放すのは、勿体ないですよね…。

 

自己破産になると、20万円以上の価値があるものは全て没収されてしまいます。

でも個人再生なら財産を残せるので、財産を残したい人は利用するべきです。

ただし車でローンが残っていると、没収されてしまいます!
えーーー、そうなんだ…

基本的には、没収されてしまうので詳しく弁護士に相談してみましょう。

 

マイカーローンがほぼ終わっていたら、さすがに手放すのは抵抗がありますよね。

»ひばり法律事務所に相談する

資格・職業の制限がまったくない

自己破産には資格や職業制限がりますが、個人再生にはありません。

安定的な収入がある人ならば、受けられる制度になります。

 

ちなみに自己破産の場合だと、

  • 警備員
  • 保険関係
  • 士業関係(弁護士、行政書士など)

などが職業+資格制限があります。

 

詳しくは「自己破産のメリット・デメリット」でも解説しているので、気になる方はぜひどうぞ。

ただ個人再生は職業・資格に制限がないため、気にせず申請は可能です。

借金の元本を5分の1〜10分の1にまで減額できる

個人再生を使えば、借金を大幅に減らすことが可能です。

とはいえ、100%減らせるとは限りません

 

借金の金額や、最低弁済額があるので、借金が全く減らないケースもあります。

以下が参考までに借金の減額できる金額の一覧です。

借金額最低弁済額
100万円未満全額
100万円以上500万円未満100万円
500万円以上1500万円未満借金総額の1/5
1500万円以上3000万円未満300万円
3000万円以上5000万円未満借金総額の1/10

逆にいえば100万円の借金ならば、個人再生はおすすめしません。

 

なにせ借金は1円も減らないので、手続きするのが損になります。

100万円ほどなら任意整理をすれば、月々2万円ほどの返済でいけるので、そちらにしましょう。

借金がヤバイ金額になった
《生活費・無駄遣い・ギャンブル》借金がヤバい人が取るべき返済方法3つ!取立てもストップされます

続きを見る

個人再生によくある疑問

本と光

個人再生で気になることであろうことを、まとめてみました。

 

家族にはバレる?

同居しているなら、100%バレます。

 

会社にはバレる?

退職金見込証明書が必要となるので、退職金がある会社ならバレます。

ただし「ローン審査のため必要」と隠せば、誰にもわかりません。

 

どんな人が利用するべき?

世帯を持っていて、財産を残したい人になります。

逆に世帯持ちじゃない人は、自己破産で借金をチャラにすることを推奨しますね。

個人再生は財産の残したい人にとっては、メリットが大きいです:まとめ

個人再生は、時間とお金がかかるため利用する人はすくないもの。

しかしながら既にマイホームや、マイカーがある人にとっては欠かせない制度になります。

 

任意整理だとさすがに借金が残りすぎる…でも自己破産は無理。

こんな人が、ぜひ活用するべき制度ですよ。

 

改めて個人再生のメリット・デメリットについてまとめました

ここまで読んで個人再生は微妙…と思うなら、別の方法も検討しましょう。

 

任意整理や自己破産のメリット・デメリットに関しては、以下の記事を参考にしてくださいね。

自己破産のデメリット・メリット
自己破産のデメリット・メリットとは?わりとデメリットは少ないよ

続きを見る

僕が借金の相談したのは「ひばり法律事務所」

名村法律事務所
項目かかる費用
相談料 0円
任意整理4.4万円/1社
個人再生38.5万円
自己破産27.5万円

 

ひばり法律事務所は任意整理、個人再生、自己破産と借金に関する問題に強い事務所です。
費用は業界で最安値のうえに、対応が丁寧だったので、僕は大満足!

借金の問題で悩んでいる人は、まずは無料で相談しましょう。
もう借金で苦しい思いをするのは、今日で終わりにしませんか?

  • この記事を書いた人

てっしー

借金200万円で任意整理→自己破産しました。借金で困っている人の手助けがしたい!他サイトは費用が高い業者を紹介してるので、腹が立っています。借金がある人には、安くて確かな実績があるところがベスト。本サイトは嘘偽りなしで、正しい借金の情報をお届けしていきます。ブックマーク推奨。

-借金
-

© 2021 任意整理・自己破産体験談ブログ【依頼〜手続きまで全て晒してます】